プレートの形を決める

プレートをどのような形で作りたいのか、コストや納期・作成数量など様々な条件に応じてご提案できる内容が異なってまいります。
形を定形型の中からお選びいただければ、金型の初期費用が「約¥5,000」軽減でき、レーザーの平面加工であれば、ごく短納期にも対応可能です。
定形型を使わず、完全オリジナルで作成する場合は制限なくどのような形にも作成可能です。
デザイン・レイアウト作成無料でお客様のご要望に沿った的確な提案をさせていただきますので、詳しくはお気軽にご相談くださいませ。

定形型(弊社有り型)から形を選ぶ

弊社にある定形型の中からプレートの形状をお選びいただければ、抜型代(金型代に含む)が軽減され、若干の納期短縮にもつながります。 定形型の概要は 定形型一覧表PDFデータ をご参照ください。
以下にオーバル・スクウェア・ハート・スターなど、目ぼしい形状をスモール(15㎜以下)とビッグ(15㎜以上)の大枠でご紹介いたします。

立体と平面表現画像

※丸型穴あけに関して、正円形状は穴あけの位置合わせの兼ね合いで、金型代の軽減は例外とさせていただいております。形状ごとの金型代の違いは価格ページをご参照ください。
プレートの形やデザインがある程度まとまりましたら、次は仕上げ表面加工をご検討ください。
定形型を利用せず、オリジナルでの製作をご検討の方も、これら一覧を形状の参考などにご活用ください。

立体(金型成形)と平面(レーザー彫刻)表現

アクセサリープレートの表現方法は、大きく分けて2つ(金型での立体とレーザーでの平面)にわかれます。

立体と平面表現画像

◎金型成形 : 初回費用に金型代が発生するため、リピート生産・多ロット生産向けの加工方法になります。
細かい文字(漢字)などの表現には物理的な制限があるため、大きくしたり簡略化する場合があります。
金型成形の参考価格は価格ページをご参照ください。

◎レーザー彫刻 : 金型費用が発生しない一方、加工費が加わるため多種・少ロット生産に適しております。
0.01㎜レベルの彫刻で、金型では表現できない繊細で複雑なデザイン表現が可能です。
妥協できない繊細なデザインを表現したい場合はレーザー彫刻がおススメです。
レーザー彫刻の詳細は仕上げ方法ページをご参照ください。


仕上げ方法ページへ画像 価格ページへ画像

お問い合わせお待ちしております!!

お問い合わせ画像

サブコンテンツ

このページの先頭へ